自由が丘の歯医者・歯科【オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科】

自由が丘の歯医者・歯科【オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科】

ホワイトニング

歯のホワイトニング

削らずに歯を白く美しく

削らずに歯を白くするホワイトニング
笑った時に歯が黄ばんでいたら、気になってしまいますよね?
しかしながらこれらの黄ばみはホワイトニングを行うことで白く、綺麗にすることができます。
ホワイトニングは歯を削ることなく白くキレイにしていく施術です。歯に薬剤を塗布し、機械で光を当てながら白くしていくオフィスホワイトニングと、ご自宅でマウスピースとジェルを用いて行うホームホワイトニングの2種類があります。
クリーニングは歯の表面の汚れを落としていく方法ですが、ホワイトニングは薬剤で歯の色素を分解し、歯の色そのものを白くしていく方法になります。
汚れが付着しているとホワイトニングの効果がきちんと出ないので、ホワイトニング前にクリーニングを行うことをお勧めしています。

どうして白くなるの?ホワイトニングのメカニズム

ホワイトニングのメカニズム
歯の表面は、エナメル質と象牙質と呼ばれる二層構造でできています。
歯が変色して見えるのは、エナメル質に存在する有機色素によるものです。
ホワイトニングでは、エナメル質表面の、変色して見える原因となる有機成分を無色、もしくは目立たない色味に変化させることで、歯を白く見せていきます。
エナメル質の色味を変色させるためには過酸化水素を用います。
過酸化水素は有機成分を分解して無色の安定した物質にするという作用があります。
着色物にのみ反応するため、歯質には作用せず、歯質に対し体の為害作用はほとんど生じないと考えられています。
歯を内部から白くしていくので、歯の表面の汚れを除去するだけのクリーニングに比べて、ご自身の歯をぐっと白くすることが可能です。

歯科衛生士が行うオフィスホワイトニング

施術は歯科衛生士が行います
ホフィスホワイトニングはクリニックにご来院頂き、国家資格を持つ歯科衛生士が施術を行っていきます。ホワイトニングサロンやセルフホワイトニングでは許可されていない、歯科クリニックだからこそ使用できる専用の薬剤を用いるので、短期間で白くなりやすいという特徴があります。
オフィスホワイトニングで使用する薬剤は15~30%濃度の過酸化水素となり、歯に塗布した過酸化水素に強い光を照射することで反応を活性化させていきます。
オフィスホワイトニングで使用する光には、ハロゲン、プラズマ、レーザー等が使用されます。
ホワイトニング機器メーカーによって、光源や薬剤などが異なります。
当院では、最新のオフィスホワイトニングである、レーザーホワイトニングを行っています。
レーザーホワイトニングはLEDを使用するホワイトニングとは異なり、光源として半導体レーザーを使用します。
レーザーの照射時間が1回3分と短く、全ての工程が60分程度で終了します。
痛みが出にいのが特徴です。
忙しくてお時間がない方、痛みに弱い方、通常のホワイトニングをお受けになれない方にオススメのホワイトニングです!

オフィスホワイトニングの流れ
  • カウンセリング

    ホワイトニングの流れ1
    担当させて頂く歯科衛生士がカウンセリングを行います。どのような白さになりたいのか、どのくらいまで明るくしたいのかなど、ご自身のご希望をお伝えください。
    その他にも、痛みへのご不安や、日常生活における疑問など、どんなことでもご相談ください。
    患者様の歯の色味をシェードガイドで確認しながら、ご希望に合ったホワイトニング方法をご提案させて頂きます。

  • 歯の表面の汚れを除去

    ホワイトニングの流れ2
    ホワイトニングの効果が出やすいよう、歯の表面に付着した着色や汚れなどを除去していきます。

  • 歯肉の保護

    ホワイトニングの流れ3
    ホワイトニング剤は強い漂白効果があるため、歯肉をしっかりと保護していきます。

  • ホワイトニング剤を歯に塗布

    ホワイトニングの流れ4
    ホワイトニング薬剤をむらなく歯に塗布していきます。

  • 光の照射

    ホワイトニングの流れ5
    薬剤の塗布が終わったら目元をしっかりと保護し、レーザーを照射していきます。
    個人差はありますが、この時に痛みが出る場合があります。痛みに対してご不安がある場合はカウンセリング時にお申し出ください。
    鎮静剤をあらかじめ服用していただくことも可能です。

  • ホワイトニング剤の除去

    ホワイトニングの流れ6
    塗布したホワイトニング剤などをしっかりと落としていきます。 レーザーホワイトニングは2回照射のため、STEP3に戻り、同じ工程をもう一度行います。

  • 歯の表面をトリートメント

    ホワイトニングの流れ7
    ホワイトニング後、トリートメント剤で歯の表面をコーティングしていきます。

  • 白さの確認

    ホワイトニングの流れ8
    最後にシェードガイドを用いて、どのくらい白く、明るくなったのかの確認を行い、レーザーホワイトニングは終了となります。


オフィスホワイトニングの注意点
  • ホワイトニングを行う箇所に虫歯がある場合は沁みることがあります
  • ホワイトニングを行う箇所に被せものや詰めものがある場合、その歯の色を変えることはできません
  • 妊娠中や授乳時の場合は安全性の問題から、お断りさせて頂いております
  • 薬剤アレルギーのある場合
  • 1カ月以内に皮膚科・美容外科・エステなどでピーリングの施術を受けた方はお断りさせて頂いております
  • 自己免疫疾患のある方、紫外線アレルギー、光線過敏症の方はお断りさせて頂いております

ご自宅で行うホームホワイトニング

マウスピースにジェルを塗ります
ホームホワイトニングはマウスピースと専用のジェルを用いて、ご自身で行って頂くホワイトニングです。マウスピースを作成するためにご来院頂く必要がありますが、その後はご自宅で1~2週間程度かけてホワイトニングを行って頂くので、クリニックに通う必要がありません。また、お好きな時に行って頂けるので、お忙しい方には最適なホワイトニングになります。
ただし、ホームホワイトニングは決められた期間中、毎日一定の時間装着する必要があります。
時間が短かったたり、装着しない日ができてしまうと望んだ効果が得られないことがあるので注意が必要です。
専用のホワイトニングジェルは濃度によって3種類ご用意しています。

ホワイトニングジェルの種類

  • 濃度10%:NINE WHITE
  • 濃度20%:オパールエッセンス
  • 濃度35%:オパールエッセンス
ホームホワイトニングの注意点
  • 使用するジェルの量を間違えると、期間内にジェルが足りなくなったり、歯ぐきに刺激を与えることがあります。
  • 時間が長すぎると、まれに刺激を感じることがあります。
  • 熱湯でマウストレーを洗うと変形する場合があります。洗うときは水を使用してください。
  • マウストレーを持ち歩くときは変形を防ぐために専用ケースに入れてください。
  • マウスピースを外してから30分間は、お水以外の飲食は控えてください。
  • 期間中は、タバコ、色素の濃い食べ物・飲み物(カレー、キムチ、コーヒー、赤ワインなど)はできるだけ控えてください。
  • 痛みが出たり、しみる場合は使用を止め、ご連絡ください。
  • 期間中は研磨剤の多く含まれた歯磨き粉を使用しないでください。

ホワイトニングの白さを維持するためには

日常生活の中で、歯は着色物質を取り入れてしまいます。そのため、ホワイトニングの効果は永続的ではありません。 そのため、白い歯を維持したい場合には、定期的なホワイトニングを行うこと、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用して歯磨きを行うことが大切になってきます。
当院では研磨剤が含まれていない歯磨き粉、ルシェロホワイトをお勧めしております。

ホワイトニングの料金


ホワイトニングは全て自由診療(自費診療)となり、保険適用外の治療となります。

ホワイトニング
オフィスホワイトニング
種類費用
レーザーホワイトニング¥38,500
ホームホワイトニング
費用
マウスピース制作
上下
¥16,500
マウスピース制作
上or下
¥8,250
オパールGO:使い捨て
1セット(上下)
¥2,200
オパールGO:使い捨て
10セット(上下)
¥16,500
ジェル濃度費用
10%
NINE WHITE
¥3,300
20%
オパールエッセンス
¥3,300
35%
オパールエッセンス
¥3,300
  • マウスピース+ジェルの合計が治療費になります。
  • ジェルの濃度によって、使用時間・期間が異なります。詳しくはスタッフにご確認ください。
Instagram でフォロー