自由が丘の歯医者・歯科【オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科】

自由が丘の歯医者・歯科【オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科】

セラミック矯正

当院のセラミック矯正

最短2回の通院で歯並びを整える

最短2回で歯並びを整えるセラミック矯正
セラミック矯正は、陶器と同じ素材でできているセラミックの被せ物をご自身の歯に被せることで歯並びを美しく整え、同時に歯を白く美しくする矯正治療です。歯並び全体というよりは、前歯などの部分的な歯を治したいときに適しており、治療期間中も質の高い仮の歯を入れるので、話しづらい等ということがなく、矯正治療を行っていることはほとんど気付かれません。
最短2回の通院で治療が完了と、通常のワイヤー矯正が数年かかるのに比べて非常に短いのが特徴です。お仕事の都合や、結婚式など、歯並びを整えたい期限が決まっている場合に適している治療になります。
セラミック治療のデメリットとしては、ご自身の健康な歯を削らなければならないという点です。健康な歯を削るということに抵抗がある方は多くいらっしゃると思いますが、セラミックは強度が高く耐久性に優れた素材なので、ご自身の歯と同じように使用することができます。
また、当院ではグループ内に歯科技工所を併設しております。歯の形や色味を決める時に歯科技工士が立ち会い、歯科医師と共に患者様のご希望をお聞きします。より患者様のご希望に近い歯並び、歯の色を再現することが可能となります。

大人の矯正治療、セラミック矯正

昔から気になっていた歯並びを大人になってから治したいと思っても、どうしても目立ってしまったり、期間がかかるワイヤー矯正に踏み出せない方は多くいらっしゃいます。短期間で歯並びを整えたい、歯の形を整えたい、八重歯の形が気になる、歯が小さいのが気になるなど、歯の形と歯並びを同時に治したい方にはセラミック矯正が最適です。セラミック矯正はご自身の歯を削り、被せ物を行うことで歯並びや歯の形、歯の色を白く美しくしていく矯正方法です。
また、歯を白くしたくて何度もホワイトニングを行っている方にも、永続的に白い歯を手に入れることができるセラミック矯正はお勧めです。

セラミック矯正に向いている方

  • 治したい期限が決まっている
  • 時間をかけず、短期間で歯並びを整えたい
  • 矯正治療を行っていることに気づかれにくい
  • 白くてキレイな歯の色にしたい
  • 1本だけ気になる歯並びがある
その他の矯正歯科について

セラミック矯正のメリット・デメリット

セラミック矯正は通常の歯列矯正とは異なり、ご自身の歯並びを治すのではなく、被せ物によって「歯の形状や外観を改善し、歯並びを美しく見せる」治療になります。
審美的側面が強い治療になるため、メリット・デメリットをしっかり知り、治療の選択を行うことが大切です。

短期間で審美性が向上できる

セラミック矯正は、セラミッククラウンをご自身の歯に被せていきます。
そのため、歯の大きさや色味などにお悩みがあった場合や、短期間にすぐに綺麗な歯並びになりたいとお考えの方には最適な治療です。
ワイヤー矯正やマウスピース矯正の場合は平均1年〜3年程度の期間が必要となりますが、セラミック矯正の場合は最短2週間で理想の歯並びを手にいれることが可能です。

セラミック矯正のメリット①
歯の大きさを変える事ができる

通常の歯列矯正では、歯並びは改善できても、歯の大きさや形を改善することはできません。
そのため、「歯が小さいor大きい」「歯の形が気に入らない」等、元々の生まれ持った歯にお悩みの場合、歯列矯正では解決することが難しくなっています。
一方セラミック矯正は、ご自身の歯を削って、理想的な「人工歯」をご自身の歯に被せていく治療になるため、歯の大きさや形を自由にすることができます。
そのため、歯並びだけでなく「大きさや形」にお悩みの方は、大きな満足感を得ることができると言えます。

セラミック矯正のメリット②
色彩を自由に選べる

セラミッククラウンは天然歯に近い透明感と色調を持っているため、周囲の歯になじませることもできますが、天然歯では難しい白さの追求を行うことも可能です。
ホワイトニングでは満足できず、「真っ白な歯にしたい」というご希望をお持ちの方のご要望にもお答えすることができる治療になります。

セラミック矯正のメリット③
色彩を自由に選べる

セラミッククラウンは天然歯に近い透明感と色調を持っているため、周囲の歯になじませることもできますが、天然歯では難しい白さの追求を行うことも可能です。
ホワイトニングでは満足できず、「真っ白な歯にしたい」というご希望をお持ちの方のご要望にもお答えすることができる治療になります。

セラミック矯正のデメリット①
歯を削る必要がある

セラミック矯正は、ご自身の歯を削り、その上にセラミッククラウンを被せる治療になるため、健康な歯を削る必要があります。
また、歯の向き等によっては根管治療が必要になる場合もあり、「健康な歯」が失われてしまうという大きなデメリットがあります。

セラミック矯正のデメリット②
コストがかかる

セラミック矯正は自費診療になるため、費用が高額になってしまいます。
治す歯が多い場合は、マウスピース矯正等よりも費用が発生する場合もあります。

患者様はこれらのメリット・デメリットを理解し、歯科医師との相談を通じ、適切な治療選択を検討することが大切になります。

当院のセラミック治療の特徴

肉眼の約8~10倍の拡大視野で行う歯の形成

マイクロルーペを使用した拡大視野
当院ではマイクロルーペを使用し、肉眼の約8~10倍まで拡大させた視野下での歯の形成を行っています。肉眼では見えない部分まで細かく歯を削り、形を整えることによって、歯と、被せ物・詰め物の隙間を少なくすることができます。

歯科技工士の立会いの下で行う色合わせ

歯科技工士の立会い
患者様の歯を直接作成するのは歯科医師ではなく歯科技工士です。一般的な歯科クリニックでは、患者様のお口の中の型取りをしたものを外部の歯科技工所に送り、作成をしてもらいますが、当院ではグループ内に歯科技工所を併設しているので、歯科技工士が治療に立ち会い、直接患者様のお口や歯、骨格などを確認しながら、患者様のご要望をお聞きすることが可能です。
人工歯の色味や形など、細かくご相談して頂くことができるので、より患者様の理想に近い歯を作成することが可能になります。

セラミック矯正の治療例

上の前歯6歯をオールセラミッククラウンで歯並びを改善

できるだけ早く歯並びをキレイに整えたいとのご希望でご来院されました。歯並びを改善するために、上の前歯6歯をオールセラミッククラウンで治療しました。3週間という短い期間で、ご希望にかなう歯並びと審美性を改善することができました。

オールセラミッククラウン治療前
治療前
オールセラミッククラウン治療後
治療後

治療例

治療期間
3週間
来院回数
3回
治療内容・費用
オールセラミッククラウン:80,000円×6歯=480,000円
治療用プロビジョナル(仮歯):5,000円×6歯=30,000円
メリット
通常の歯列矯正よりも短期間で治療が可能
被せものによる治療なので歯の形や色も変更できる
1歯単位で治療できる
デメリット
ご自身の歯を動かす矯正方法ではなく、被せものによる矯正方法なので、虫歯ではない健康な歯を削ったり、抜いたりしなければ歯並びを整えることができない場合もある

上記の治療は保険適応外になります。
料金は2019年10月現在の税別価格です。

セラミック矯正の料金


セラミック矯正は全て自由診療(自費診療)となり、保険適用外の治療となります。

セラミック矯正治療例
セラミック矯正
素材費用
オールセラミッククラウンモニター価格:¥422,400
通常価格:¥528,000/前歯4歯
モニター価格:¥633,600
通常価格:¥792,000/前歯6歯
オールジルコニアクラウンモニター価格:¥422,400
通常価格:¥528,000/前歯4歯
モニター価格:¥633,600
通常価格:¥792,000/前歯6歯
ジルコニアセラミッククラウンモニター価格:¥528,000
通常価格:¥660,000/前歯4歯
モニター価格:¥792,000
通常価格:¥990,000/前歯6歯
  • 歯の状態により、別途根管治療やファイバー(土台)、仮歯が必要になる場合があります。
さらに読み込む Instagram でフォロー