オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科
オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科

インビザライン(マウスピース矯正)

インビザラインでマウスピース矯正

見た目を気にせずできる矯正治療

インビザラインでマウスピース矯正!
歯列矯正といえば、ブラケット(小さな金属やセラミックの装置)にワイヤーをつけて行うも のをイメージする方が多いかと思います。
歯並びをよくしたいけど、ワイヤーの矯正装置には抵抗がある…
そんな理由で歯列矯正をためらっている方もいるのではないでしょうか?
そんな方におすすめの矯正治療が当院のインビザラインシステムです!インビザラインは透明のマウスピースを使用した歯列矯正です。
・出っ歯に悩んでいる
・前歯の歯並びが気になって笑えない
・ワイヤー矯正は目立つのがいや
・歯磨きがし辛くて虫歯になるのが困る
そんなお悩みを、インビザラインで解決しませんか?

インビザラインとは

インビザラインは、マウスピースを使った歯列矯正の一つです。
マウスピース矯正といっても様々な種類があるのですが、インビザラインはその中でも歴史が長く、過去の膨大なデータをもとに、精度の高いシミレーションシステム、ノウハウがあります。特に、シミレーションシステムの精度が高く、基本的には型採りは最初の1回のみで正確に歯の移動を予測し、最終段階までのマウスピースを作ることができます。
また、マウスピース矯正の中でも、対応可能な症例が多く、従来はマウスピース矯正では困難と言われていたかみ合わせ、歯並びにも対応できる可能性があります。

インビザラインをお勧めする方

  • ワイヤー矯正は見た目が気になる方
  • 歯磨きがきちんとできるか心配な方
  • 痛いのは嫌な方

インビザラインの魅力

目立たない、必要に応じて自分で外すこともできる

目立たず、取り外し可能!
インビザラインで使用するマウスピースは、薄くて透明です。装着時の違和感も少なく、他人からはほとんどマウスピースをしていることに気が付かれません。
また、大切なイベントやお仕事の際には、必要な時にだけご自身で外していただき、その後再装着するということも簡単にできます。

食事中、歯磨きの時には外せるので衛生的

食事や歯みがきの時の取り外せるので衛生的
お食事はマウスピースを外していつも通り楽しめます。食事内容に制限もありません。食後はそのまま歯磨きをして再度マウスピースを装着します。矯正装置に食べ物が挟まったり、歯磨きが大変になる…ということは一切ありません。

矯正治療中の痛みが少ない

インビザラインで使うマウスピースは2週間に1回のペースで約0.25㎜ずつ歯を動かしていきます。1か月に1回調整を行うワイヤー矯正に比べて、約半分の力で歯を動かしていくため、痛みが出にくくなっています。また、装置が粘膜や舌に当たって痛いということもありません。

インビザラインの注意点・デメリット

  • 基本的にはマウスピースを1日に20時間程度装着する必要があります。ご自身で管理をしなくてはならないので、装着するのを忘れてしまう時間が長いとなかなか歯が動かず、期間が長くかかってしまうことがあります。
  • インビザラインは多くの不正咬合の治療に適応していますが、抜歯を伴い歯を大きく動かす必要がある場合、歯並びの凸凹、傾斜が強くマウスピースを入れられないような場合には、ワイヤー矯正との併用が必要になることがあります。

インビザラインと他の矯正の違い

インビザラインとワイヤー矯正の違い

インビザラインは、一般的なワイヤー矯正と比較すると、見た目の自然さや、違和感の少なさ、着脱可能なことに大きな魅力があります。
ワイヤー矯正よりもさらに細かいステップで歯を動かしていくため、痛みも少なく、着脱可能ですので衛生面でも非常に優れています。
しかし、ワイヤー矯正は24時間、矯正装置がついているので確実に矯正を進めていくことができますが、インビザラインはご自身で基本的には1日20時間以上、マウスピースを装着していただかなくてはなりません。装着時間が短いと、歯が動かず、治療が進みません。
また、ワイヤー矯正と比較すると、適応症例が限られています。

  インビザライン ワイヤー矯正
見た目 見た目では矯正治療中ということがほとんどわかりません。必要な時だけ、外しておくということもできます。 一般的な表側のワイヤー矯正では、どうしても常に装置が見える状態になってしまいます。
違和感 0.5㎜程度の薄さのマウスピースです 装置が粘膜や舌に当たって口内炎ができることも…
取り外し マウスピースを外して普段通りのお食事、歯磨きができます 装置に食べ物が絡まりやすいです。汚れもたまりやすいのでいつも以上に丁寧な歯磨きが必要です。
適応 大きく歯を動かす必要がある場合や、抜歯が必要な症例では適応外の場合があります。 ほとんどの歯並びを治すことができます。(顎骨矯正が必要なものを除く)
痛み 比較的痛みが少ないといわれています ワイヤーの調整直後にはどうしても痛みが出ることがあります

インビザラインと他のマウスピース矯正の違い

インビザラインシステム以外にも、多くのマウスピース矯正システムが存在します。しかし、その中でも世界で最も多くの症例実績を誇り、過去の蓄積データから様々なケースの歯並びに適応するのがインビザラインシステムです。
また、他のマウスピース治療では、マウスピースを交換すすごとに型を採る必要があるものも多いですが、インビザラインでは型採りは初回の1回のみで、コンピューターシステムによって正確に診断、シミュレーションを行うため、期間、費用的にも無駄のない矯正治療を行うことができます。

セルフマウスピース矯正との違い

最近では、初回の簡単な検査のみで、その後は一切通院不要、自宅に送られてきたマウスピースを自分で装着し、自分で行うセルフマウスピース矯正や、通販で簡単に購入することができる、市販品のマウスピース矯正器具もあります。
こういったいわゆるセルフマウスピース矯正は、非常に安価で、気軽に行うことができるので、利用を検討したことがある方もいるのではないでしょうか。しかし、こういったセルフマウスピースでは、歯が思わぬ方向に動いてしまったり、一見切れに並んだように見えても、かみ合わせが悪くなってしまったり、最悪の場合、歯が抜ける原因になってしまうこともあります。

当院のインビザラインの特徴

当院はマウスピース矯正専門では「ありません」

矯正治療は正確な検査、診断の元、最適な治療を行って行くことが非常に重要です。
誤った方向に歯を動かす力を掛けてしまったり、最終的な歯並びをしっかりとイメージできていない状態で行うと、きれいな歯並びにならないことはもちろん、矯正前よりもはならびが悪くなってしまうこともあります。また、歯周病の人は矯正治療によって、歯が抜けてしまうこともあります。(もちろん、歯科医院で行う矯正治療では、しっかりと歯科医師が検査、診断を行うので、そのようなことは起こりません。)
また、マウスピース矯正を専門に行う歯科医院もありますが、オーラルクリニーク自由が丘は違います。
矯正治療期間中には、思わぬトラブルが起こることもあります。虫歯や歯周病などの治療はもちろん、マウスピース矯正で治療が適切でないと判断された場合には、ワイヤー矯正をご提案することもできます。通常の治療や、審美歯科、ワイヤー矯正も取り扱っている当院だからこそ、マウスピース矯正「だけ」を取り扱う医院よりも、患者様一人一人に最適な矯正治療をご提案することができると思っています。

はじめやすいリーズナブルな価格設定です

インビザラインは費用面でもはじめやすい矯正治療といえます。前歯のみの軽微な歯並び矯正から、全体の歯並び矯正でも、患者様一人一人の歯並びの状態や、目標に応じて、無駄のない、最適なコースをお選びいただけるようになっています。

3Dスキャナーによる精密で快適な型採り

前歯のみの軽微な歯並び矯正から、全体の歯並び矯正でも、患者様一人一人の歯並びの状態や、目標に応じて、無駄のない、最適なコースをお選びいただけるようになっています。

マウスピース矯正以外にも、様々な治療メニューをご提案できます

インビザラインをご希望であっても、場合によってはさらに最適な治療方法がある可能性があります。ワイヤー矯正やセラミック矯正など、患者様一人一人に最適な矯正治療方法をご提案することができます。また、虫歯治療や歯周病治療、抜歯が必要な場合にも、当院で治療が可能です。

インビザライン(マウスピース矯正)の料金


マウスピース矯正

種類費用
アソアライナー
12回コース
¥275,000/上or下
インビザラインGO
最大20枚
¥440,000/上下
インビザラインフル
5年間無制限コース
¥715,000/上下
インビザラインコンビ
5年間無制限コース
¥990,000/上下
  • インビザラインフルは抜歯を行いません。
  • インビザラインコンビは抜歯やワイヤー矯正を併用したものになります。
  • 上記の期間は当初の計画通りにマウスピースを着用、来院して頂いた場合の目安になります。