セラミック治療

セラミック治療

体に優しい素材で銀歯を白い歯に

銀歯を白い歯に
銀歯を白くしたい、金属アレルギーで悩んでいる、体に害のない素材で歯を治療したい。そんなお悩みやご要望をお持ちの方に選ばれているのがセラミックによる被せ物・詰め物の治療です。
セラミックは陶器と同じ素材で作られており、銀歯のような金属の被せ物・詰め物に比べて体に優しい、生体親和性の高い素材です。見た目にも、透明感のある美しい仕上がりを再現できます。
当院では、患者様の理想に近い歯を再現することはもちろんのこと、虫歯や歯周病のリスクを少なくするための取り組みも行っています。
単に美しい見た目だけを重視するのではなく、機能性や患者様の口腔内の将来性をも見据えた治療を行っています。

当院のセラミック治療のこだわり

  • 見た目が美しいのはもちろんのこと、機能性も高いものであること
  • 自然で、歯茎や他の歯との調和が取れていること
  • 精密形成を行い、隙間の少ない適合の良いものを作成すること
  • 虫歯や歯周病の再発リスクを減らし、長期間美しい状態を維持できること

当院のセラミック治療の特徴

肉眼の約8~10倍の拡大視野で行う歯の形成

マイクロルーペを使用した拡大視野
当院ではマイクロルーペを使用し、肉眼の約8~10倍まで拡大させた視野下での歯の形成を行っています。肉眼では見えない部分まで細かく歯を削り、形を整えることによって、歯と、被せ物・詰め物の隙間を少なくすることができます。歯との隙間が少なくなることによって、汚れが溜まってしまうことを防ぎ、虫歯の再発や歯周病のリスクを少なくすることができます。

圧排糸を使用した型取り

当院では、型取りを行う時に、歯肉をよけて歯の形をしっかり出すため、歯の周りに圧排糸を巻きつけて歯の形をはっきりとさせます。これにより通常より正確な型取りをすることができるようになります。

歯科技工士の立会いの下で行う色合わせ

歯科技工士の立会い
患者様の歯を直接作成するのは歯科医師ではなく歯科技工士です。一般的な歯科クリニックでは、患者様のお口の中の型取りをしたものを外部の歯科技工所に送り、作成をしてもらいますが、当院ではグループ内に歯科技工所を併設しているので、歯科技工士が治療に立ち会い、直接患者様のお口や歯、骨格などを確認しながら、患者様のご要望をお聞きすることが可能です。
人工歯の色味や形など、細かくご相談して頂くことができるので、より患者様の理想に近い歯を作成することが可能になります。

通院回数を少なくしたい方のための短期集中治療

海外から一時帰国中の短気集中治療
遠方にお住まいの方や、海外からの一時帰国、忙しくて通院回数を少なくしたい方の為に、1回の治療時間を長くすることで通院回数を少なくすることのできる短期集中治療を行っています。
静脈内鎮静法による点滴麻酔を行っておりますので、長時間の治療も眠っている状態でお受けいただけます。

眠っている間に治療が終わる無痛治療

眠っている間に治療が終わる静脈内鎮静法
当院では歯科恐怖症や、嘔吐反射、痛みに弱い方に向けて、眠っている間に治療が終わる無痛治療を行っています。静脈内鎮静法を用いた点滴麻酔を行うことで、眠っているような状態で歯科治療をお受けいただけます。

無痛治療について

体にやさしいセラミック

体にやさしく、美しい透明感を再現

セラミッククラウン
セラミックによる被せ物・詰め物は金属を一切使用しません。そのため銀歯の様に経年劣化で体内に金属が溶け出すことがありません。また、陶器と同じ素材で製作されているので、透明感のある白い歯を再現することが可能です。

細菌が付着しにくく衛生的

セラミック表面が滑らかで凹凸が少ないため、天然歯と比べても、虫歯や歯周病の原因となるプラークが付着しにくく、付着したとしても簡単に除去することができるので、清掃性に優れ、衛生的です。

虫歯の再発リスクが少ない

虫歯の再発リスクが低いセラミック
せっかく虫歯を治療しても再発してしまう原因の一つに、歯と、被せ物・詰め物の間に隙間ができ、食べかすなどの汚れが入り込んでしまうということがあります。 保険適用で使用される銀歯は金属なので経年劣化で金属が腐食し、徐々に隙間ができてしまいます。
セラミックは金属ではないので腐食する心配がなく、隙間ができてしまう心配もないので、虫歯などの再発のリスクを少なくすることができます。

変色や色素沈着がない

色素沈着が少ないセラミック
銀歯から経年劣化で溶け出してしまった金属は、歯肉を青黒く変色させてしまうことがあります。元の健康的なピンク色の歯肉に戻すためには、手術で患部を除去するしかありません。
また、保険適用で白いプラスチックの被せ物を使用することがありますが、時間が経つと徐々に黄色く変色してしまいます。
セラミックは時間が経っても変色することがなく、いつまでも美しい状態の色味を保つことができます。

金属アレルギーやガルバニーショックの心配がない

金属アレルギーの心配がないセラミック
銀歯は経年劣化で金属が体内に溶け出してしまうことがあります。それにより体内に金属が蓄積されて、金属アレルギーを発症してしまうことがあります。
また、お食事の最中、誤って金属製のスプーンなどを噛んでしまった時に、キーンとした痛みが発生することがあります。これはガルバニー電流と呼ばれ、異なる金属同士が唾液を介して接触した時に微弱な電流が流れることによって引き起こされます。口腔内に銀歯があることによって、こういった不快感を発症してしまうこともあります。
セラミックは金属を一切使用しないので、金属アレルギーの方にも快適にご使用いただけます。

天然歯に近い透明感のある白さと耐久性の高さを実現できるセラミック治療

当院では、ジルコニアセラミックとオールセラミック、オールジルコニアという3種類のセラミック治療を行っています。セラミックは耐久性、耐食性、耐熱性に非常に優れ、美しさと強度を併せ持っているので、長期間美しい歯を維持することのできる治療です。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドで使用されるものと同じ素材を使用しているので非常に強度と耐久性があります。ジルコニアの土台の上にセラミックを焼き付けるので、ジルコニアの強度はそのままに、セラミックのような自然で透明感のある色彩を再現することが可能です。主に前歯と奥歯の治療に使用されます。

オールセラミック

オールセラミックは天然歯のような透明感のある白さを再現できます。色調が鮮やかなので、理想的な歯の色を実現できます。ジルコニアセラミックに比べると透明感が高いので、主に前歯の治療に使用されます。

オールジルコニア

ジルコニアの高い強度はそのままに、輝くような白さを再現できます。オールセラミックに比べると天然歯のような透明感や色味を再現することが難しい素材になりますが、歯を真っ白にしたい、まとめて白くしたい方にはぴったりの素材です。

セラミック治療の流れ

  • カウンセリング

    セラミック治療の流れ1
    治療に入る前に、歯科医師によるカウンセリングを行い、患者様の歯並びや色味などに関しての具体的なご希望を詳しく伺います。同時に患者様の現在の歯の状態をレントゲンなどの検査を行ってしっかりと把握していき、最適な治療方針をお話しさせていただきます。

  • 治療開始

    セラミック治療の流れ2
    セラミック治療に入る前に麻酔を行います。表面麻酔を患部に塗布してから極細の注射針を使用して麻酔を行い、できるだけ痛みを軽減させます。 患者様の歯の状態などによっては歯の神経を抜く治療が必要となる場合があります。

    根管治療について
  • 精密な形づくりと型取り

    セラミック治療の流れ3
    マイクロルーペを用いて歯の土台を作成していきます。その後、圧排糸を用いて精密な型取りを行います。印象に使用するシリコン印象材は他の印象素材に比べて細部まで型取りを行うことができる素材となっており、より精密で、変形の少ない模型を作為することが可能となります。
    また、模型用の印象だけでなく、詰め物・被せ物を入れたときに噛み合わせに違和感がないよう、噛み合わせの型取りも行います。

  • セラミックの色合わせ

    セラミック治療の流れ4
    当院では色合わせにおいて歯科医師だけでなく、歯科技工士も立会を行い、患者様とコミュニケーションを取りながら色味の調整を行っていきます。実際歯を作成する歯科技工士と色合わせを行うことで、より患者様の理想に近いお色味の再現を目指します。

  • セラミックをセット

    セラミック治療の流れ5
    仕上がったセラミックを口腔内にセットしていきます。患者様のご希望によっては一度仮付けを行い、再修正することも可能です。

短期間で歯並びを美しく整えるセラミック矯正

通常の矯正と比べて最短2回の通院で歯並びを整えられます

セラミック矯正
セラミック矯正は元々の歯を削って被せ物を行うことで歯並びを美しく整った見た目にすることのできる治療です。通常の矯正ですと歯にブラケットなどを装着して少しづつ歯を動かしていくので、美しく整うまでに数年間かかる場合もありますが、セラミック矯正は歯を動かくすことがないので最短2回の通院で見た目を整えることができます。

セラミック矯正について
セラミック治療の料金について

戻る