歯周病治療

  • トップ
  • 診療メニュー | 歯周病治療

当院の歯周病治療

日本人成人の約80%が罹患しているといわれる本当に怖い歯周病

当院の歯周病治療
歯周病は歯を支える骨がなくなり、最後に歯が抜けてしまう病気です。歯周病は自覚症状が乏しいことから「静かなる病気」とも呼ばれ、感染していることに気づきにくいというのが大きな特徴です。歯肉からの出血や歯のぐらつきといった症状が現れた時にはすでに重症化してしまっているということも珍しいことではなく、症状が進行すると抜歯をしなければならなくなります。
また、歯周病菌が血流に乗って全身に広がってしまうと、動脈内効果や脳卒中、心膜症や虚血性心不全など、命に関わる病気を引き起こすこともあります。その他にも低体重児、早産、誤嚥性肺炎などにも深い関連があることが分かっています。
現在歯周病治療を行っているにもかかわらず、治療期間通院しても治療が終わららない、治療が終わっても再発を繰り返してしまっているといったお悩みをお持ちの方も多いかと思います。これは歯周病が感染症であり、治療期間中も唾液に乗って歯周病菌が口腔内全体に広がってしまっているからです。
当院では感染が広がるのを防ぐために、すべての歯の歯周病治療を1回で行う短期集中歯周病治療や、拡大視野下で行う精密歯周病治療を行っております。

下記のような症状がある場合は歯周病かもしれません

  • 口臭が気になる
  • 口の中がネバネバする
  • 歯磨きのときに歯肉から出血する
  • 歯肉がぶよぶよとして赤くはれている
  • 歯と歯の隙間に食べ物が挟まりやすい
  • 硬い物を噛むと歯が痛い
  • 歯がグラグラする
  • 歯茎からがでる

歯周病の原因と進行

細菌によって引き起こされる歯周病

歯周組織が歯周病に感染することによって引き起こされるのが歯周病です。歯垢(プラーク)と呼ばれる歯垢内に歯周病菌は多数存在し、歯肉に炎症を引き起こしながら歯周病を進行させていきます。また、歯垢は歯周ポケット内で石灰化し歯石となる場合もあります。歯周病を防ぐには、この歯垢(プラーク)や歯石をしっかり除去することが大切になってきます。

徐々に進行していく歯周病の4段階

  • 歯肉炎

    歯磨きをすると歯肉から血が出る、歯肉が赤い、腫れぼったいといった状態。プラークを除去することで症状が改善する可能性があります。

  • 軽度歯周病

    歯を支えている骨が溶かされ、歯周ポケットが深くなってきます。歯肉から血が出る、歯肉が下がるなどの症状が出てきます。
    軽度の場合、基本的な歯周病の治療だけで症状が改善する可能性があります。

  • 中度歯周病

    全体的に進行し、歯を支える骨が溶け、歯周ポケットが全体的に深くなります。歯肉が下がる、口臭が出るなどの症状が出てきます。
    レントゲン写真でも骨が溶けていることが確認できます。

  • 重度歯周病

    歯がグラグラする、歯肉に膿が溜まるなどの症状が起こり、痛みを伴うこともあります。
    歯周ポケットはとても深く、歯周外科や歯周補綴の併用、場合によっては抜歯が必要となります。

当院の歯周病治療の特徴

短期間に治す短期集中歯周病治療

短期間に治す短期集中歯周病治療
保険治療の歯周病治療では、通常口腔内を4~6ブロックに分けて少しずつ治療を行いますが、治療を行っていないブロックに歯周病菌が残っていると、治療を行ったブロックにも再感染することがあります。
当院ではそういった再感染を防止するため、すべての歯の歯周病治療を1回で行うことで口腔内全体の歯周病菌を除去し、歯周組織が歯周病菌に再感染させるリスクを最小限に抑えた短期集中歯周病治療を行っています。
短期集中歯周病治療は1回の治療時間に数時間かけるため、通院回数を少なくできるというメリットがあります。通常、保険適応の歯周病治療ですと完了まで数か月以上かかるのに比べ、当院の短期集中歯周病治療では数日~数週間で完了します。(治療完了約1か月後に再検査をさせて頂きます)

眠っている間に治療が終わる無痛歯周病治療

眠っている間に治療が終わる無痛歯周病治療
短期集中治療は1回の治療時間が数時間必要となり、患者様のご負担や不快感が大きいというデメリットがありますが、当院では静脈内鎮静法(点滴麻酔)を行うことで、眠っているような状態で治療をお受けになれる無痛歯周病治療を行っています。健忘効果もあるので、長時間の治療もあっという間に終わったように感じます。

無痛治療について

肉眼の2~10倍の拡大視野下で行う精密歯周病治療

肉眼の2~10倍の拡大視野下で行う精密歯周病治療
歯周病治療が中々終わらない原因の一つに歯石を除去しきれていないということがあります。歯石は歯周ポケット内に存在しますが、内部を肉眼でしっかり確認することは難しいのが現状です。通常の治療では、肉眼で確認することのできない部分に関しては施術者の手の感覚のみに頼って治療を進めるしかありませんでした。
当院では肉眼の2~10倍まで拡大して患部を確認することのできるマイクロルーペやマクロスコープを使用することによって、肉眼で確認できなかった歯周ポケットの内部までしっかりと確認しながら治療を進めることを可能にしています。
歯周病治療は歯科衛生士が行うことが多いですが、当院では歯科医師のみならず歯科衛生士もマイクロルーペやマイクロスコープを使用して治療を行っています。拡大視野下で治療を行うことで、肉眼で見えない部分までしっかり確認できるだけでなく、歯周病の原因の一つにもなる歯に入った小さなひびや虫歯をしっかりと発見することができます。また、形態が複雑になっている歯根部分の歯石も確実に除去することができます。

重度の歯周病にも対応できる歯周外科治療

歯を抜かずに治す歯周組織再生療法

歯と骨は歯根膜と呼ばれる膜で繋がっています。歯周病が進行すると、ことの歯根膜が破壊され、歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされてしまいます。当院で行っている歯周組織再生療法は、歯根膜や歯槽骨を再生し、歯を抜かなくて済むようにする治療法です。

  • 骨欠損が生じる

    骨欠損が生じる

  • 歯肉を剥離し、歯根面を清掃する

    歯肉を剥離し、歯根面を清掃する

  • エムドゲイン等の歯周組織再生誘導剤を歯の周りに注入する

    エムドゲイン等の歯周組織再生誘導剤を歯の周りに注入する

  • 歯肉を戻し、血腫を待つ。骨は半年~1年で徐々に再生していく

    歯肉を戻し、血腫を待つ。骨は半年~1年で徐々に再生していく

歯肉剥離掻爬治療(フラップ手術)

歯周ポケットが深くなると、通常の歯周病治療では器具が届かず、歯石を除去しきれなくなります。その場合は歯ぐきを剥がし、直接歯根面を見える状態にして歯石や汚染組織を除去していきます。

歯槽骨整形術

歯を支える骨(歯槽骨)が溶け、辺縁の形状が変形し、歯周組織の再生に悪影響を及ぼす場合は歯槽骨を削り、形を整える整形術を行います。歯肉剥離掻爬術(フラップ手術)と同時に行われます。

歯肉弁根尖側移動術

歯周病治療後、歯肉の炎症が落ち着いた後に、再発を予防するために深くなってしまった歯周ポケットを浅くするための外科処置です。

  • 深い歯周ポケットの内面を、骨膜を残しながら切り取る

    深い歯周ポケットの内面を、骨膜を残しながら切り取る

  • 歯根面の歯石、汚染組織を除去

    歯根面の歯石、汚染組織を除去

  • 切り取った歯肉の先端を、歯槽骨の位置に合わせて根尖側に移動させて縫いつける

    切り取った歯肉の先端を、歯槽骨の位置に合わせて根尖側に移動させて縫いつける

  • 約一週間後に抜糸。歯肉は歯冠側に向かって治癒、歯周ポケットのない健康的な歯茎へと回復する

    約一週間後に抜糸。歯肉は歯冠側に向かって治癒、歯周ポケットのない健康的な歯茎へと回復する

歯周病治療の料金について

戻る