銀歯を白く!

笑顔に自信を!銀歯を白く!当院では体に優しい白い素材のセラミック治療をお勧めしています

こんなお悩みありませんか?銀歯が目立つ、銀歯周辺の歯肉が黒っぽい・・・、金属アレルギーになった!、銀歯にしている歯が虫歯になった

そのお悩み、原因は銀歯かもしれません!

歯肉が黒くなるのは、
銀歯の金属が溶け出しているからです

セラミック
保険適用で作られる銀歯は酸化・腐食しやすく、長期間歯肉に触れていることで金属成分が溶け出し、色素が歯肉に溜まってしまいます。
色素は歯肉の奥深くまで浸透し、黒く見えてしまうことがあります。
差し歯などの土台も同じく、保険適応のものは酸化・腐食してしまいます。これはメタルタトゥーと呼ばれ、黒く染まってしまった歯肉は切除しないと健康なピンク色に戻すことはできません。

銀歯は溶け出した金属が歯肉を黒くすることがあります。歯肉を黒くしないセラミックをお勧めします!

銀歯は腐食し溶け出してしまいます

銀歯で金属アレルギーを
発症してしまうことがあります

銀歯による金属アレルギー
酸化・腐食して体内に溶け出してしまった金属成分は長期間体内に蓄積されていきます。その蓄積が過剰になると、金属アレルギーになってしまうと考えられています。
また、銀歯にはパラジウム、ニッケル、コバルト、銀など様々な金属が使用されています。2種類以上の金属が口の中にあることも、アレルギーを引き起こす一因だと言われています。

銀歯は金属アレルギーを発症することがあります金属を使用しないセラミックをお勧めします!

銀歯が入っている歯が虫歯になってしまうことはあります

銀歯とご自身の歯の隙間から
虫歯が再発してしまうことがあります

銀歯の劣化による虫歯
銀歯が腐食してしまうと、治療を行ったご自身の歯との間に隙間が生まれてしまいます。
小さな隙間は歯ブラシなどで綺麗に磨くことが難しく、結果として虫歯の再発を引き起こしてしまうことがあります。

銀歯は隙間ができて虫歯が再発してしまうことがあります隙間のできにくいセラミックをお勧めします!
その他にも、金属を噛むとキーンとする衝撃が起こるガルバニー電流や、銀歯に使われているアマルガムによる水銀障害などが発生することもあります
セラミックなら解決できます!金属アレルギーにならない素材を使用し虫歯の再発リスクを減らし自然な白い歯を再現することができます!

セラミックは身体に優しい素材です!

セラミックは金属を一切使用しない
身体に優しい素材です

セラミック矯正
セラミックは陶器と同じ素材で作られます。
金属を一切使用しないので腐食することがなく、体内に成分が溶け出すこともありません。
金属が体内に蓄積されないので、金属アレルギーを引き起こすこともなく、歯肉が黒くなってしまうこともありません。

虫歯の再発リスクを軽減できます!

汚れが付着しにくく、
虫歯の再発リスクを軽減できます

歯にかぶせるセラミック矯正
セラミックは素材の特性上虫歯の原因となるプラーク(歯石)が付着しにくいという特徴があります。
また、金属の様に経年劣化で腐食してしまうことがないので、かぶせ物とご自身の歯の間に隙間ができにくく、総合的に虫歯のリスクを軽減できます。

様々な色味を再現できます

白く透明感があり、
自然な歯の色を再現することができます

セラミックは透明感のある白さを再現できます
セラミックはとても審美性に優れた素材です。天然の歯のような自然な透明感のある白い歯を再現することはもちろんのこと、人の手による彩色でご自身の歯の色に合わせて細かい調整を行うことが可能です。
銀歯が気になって思いっきり笑えなかった経験がある方にはお勧めの治療です。

当院はセラミック治療に特化しています精密な治療はもちろんグループ内専用技工所と連携し、患者様の理想の歯を再現することができます!

シリコン剤を使用した精密な型取りで正確な歯の形を把握

セラミックの人工歯を作る前に大切なのが、歯型を精密に取ることができるかということです。この型が精密でないと、出来上がったものが歯に合わなかったり隙間ができてしまったりします。
当院では精密に型取りを行うために、歯肉圧排糸とシリコン印象を行っています。
歯肉圧排糸は、かぶせ物を行う歯の周りに糸を巻き付け、歯肉と歯との境目をしっかり出す処置になります。
シリコン印象は、型取りに使用する素材にシリコンを使用します。通常の保険適用で行う型取りはアルジネートと呼ばれる素材を使用しますが、この素材は型取り時にひずみが起こってしまい、正確な型を取ることが難しいという特徴があります。その点シリコンではひずみがほとんど起こらず、精密な型取りが可能になります。

肉眼の約20倍の拡大視野下での治療で虫歯の再発を防ぎます

約20倍まで患部を拡大できるマイクロスコープや、マイクロルーペを使用して、肉眼では見えない部分までしっかりと確認しながら治療を行います。
かぶせ物とご自身の歯のに隙間をなくすためには、シリコンによる精密印象を行うだけでなく、かぶせ物と歯の境目のガタツキをなくすことが大切になってきます。
肉眼での確認では滑らかに見えていても、拡大視野下で確認するとガタガタになっていることは間々あります。
当院ではマイクロスコープやルーペを使用して境目を滑らかにし、隙間のない、細菌の侵入しにくい治療を行っています。

グループ内の歯科技工士に患者様が直接ご希望をお話しできます

当院ではグループ内で歯科技工所を運営しています。通常ですと外部の歯科技工所に患者様の人工歯の製作を依頼しますが、グループ内に歯科技工所があることにより、歯科医師と歯科技工士の意思疎通がスムーズなだけでなく、実際に人工歯を製作する歯科技工士に患者様が直接ご自身のご希望をお話しすることが可能です。
どんな色になるのか、どんな形になるのかなど、どんなことでもご相談ください。


戻る