オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科
オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科

歯科矯正

ワイヤー矯正とマウスピース矯正

マウスピース矯正とワイヤー矯正
笑顔や口元の見た目が気になる、歯並びがガタガタ、歯磨きがしにくい…
歯並びに関して悩みを抱えている方が増えてきています。
当院では歯並びを治す治療(矯正治療)が大きく分けて3パターンあります。
・ワイヤー矯正
・マウスピース矯正
・セラミック矯正
(これらを併用して進めていく場合もあります。)
ワイヤー矯正とマウスピース矯正は実際に歯を動かして並べていく治療です。
セラミック矯正は歯を削ってセラミックやジルコニアでできたかぶせものを装着すること で見た目や歯並びを整える治療です。

ワイヤー矯正は歯にブラケットというボタンのようなものをつけ、そこにワイヤーを通し、歯を動かしていきます。外科処置を必要とする骨格的な問題を除くほとんどの症例に対応できます。
マウスピース矯正は歯にアタッチメントという白い樹脂の材料をつけ、1~2週間程度で透明なマウスピースを交換していきます。歯の移動量大きい場合や抜歯が必要な場合は難しいとされていますが、その適応範囲は広がってきています。


治療中の見た目は?

マウスピースは透明な装置のため基本的には見た目に困りません。
ワイヤー矯正は白色や透明なブラケットを使用することで見た目の違和感を軽減できますが、どうしても目立ってしまいます。歯の裏側にブラケットをつける方法もあります。

治療期間は?

症例や治療のゴールの設定により変わりますが、一般的にはワイヤーのほうが歯を動かす力は強いといわれています。
ワイヤー矯正は基本的に装置をつけたままで生活しますが、マウスピース矯正は食事や歯磨きの際は外します。患者様ご自身でつけ外しができるのはメリットとなる反面、歯を動かしている時間が確実にコントロールできないので、患者様の協力度が治療に大きく影響します。
マウスピース矯正でもしっかり使っていただければ良好な結果が得られます。

治療中の痛みは?

歯を動かす際にはどうしても痛みが生じてしまいます。ワイヤー矯正と比較し、マウスピース矯正のほうが痛みは小さいといわれています。マウスピース矯正では一枚のマウスピースで動かすことのできる量が決まっていますので、過度な力がかかることが少ないです。
また装置によって口の中を傷つけてしまうことがありますが、マウスピース矯正のほうがそういったことも少ないです。

虫歯・歯周病のリスクは?

装置の性質上ワイヤー矯正は食べ物が挟まったり、歯磨きがやりづらかったりします。マウスピース矯正はマウスピースを外して食事や歯磨きができるので、虫歯・歯周病のリスクが軽減されるということは大きなメリットです。

どの矯正治療の場合でも、口腔内写真やレントゲン写真、CT、模型、3Dスキャンなど必要な診査・診断を行い患者様の希望に沿った治療方法を相談して決めていきます。費用は治療の範囲や方法によりさまざまなのでぜひ一度ご相談いただけたらと思います。(HP上に各治療の料金が載っていますのでご参照ください。)
歯並びの改善は見た目や機能、虫歯・歯周病予防の改善につながり、ご自身の生活がより豊かなものになると思います。
矯正治療は費用や期間、見た目の面で簡単に手を出せない、という方も多いと思います。様々な選択肢の中から、患者様にあったプランをご提案いたしますので、気軽にご相談ください。