オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科
オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科

セラミック

銀歯で起こる金属アレルギー

銀歯
歯が虫歯になると、銀歯・セラミック・ジルコニア・プラスチックで補います。歯の詰め物やかぶせ物に使用されている金属には、金・銀・パラジウム・銅・亜鉛等が含まれています。様々な金属を含んだ詰め物、被せ物が、銀歯と呼ばれています。 これらの金属は、唾液に溶け込み全身へ巡ります。また、体内に取り込まれた金属は、肝臓や腎臓に蓄積されて臓器機能障害を引き起こす可能性があります。

また、金属が体内に取り込まれた結果、アレルギー症状が出ることもあります。症状の例としては、皮膚炎・蕁麻疹・脱毛・喘息・血管炎等があります。 金属を装着して直ぐにアレルギーが出るわけではないので、日頃から悩まされている症状がある場合は、金属が原因であることも少なくありません。

銀歯や入れ歯の金属を除去した結果、皮膚症状・喘息症状から解放される方もいらっしゃいます。 費用や歯の切削量、虫歯になりにくさ等の様々なメリット・デメリットがあります。 一番良い治療というのは、正しい知識を取り入れ、総合的に判断することで、個人に最適な治療を選択することができると思います。 歯は、何度も治療するものではないので、しっかり歯科医と相談し、決定することをおすすめ致します。 何かご質問、お悩み等あれば承ります。お気軽にご連絡ください。