オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科
オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科

根管治療

根管治療はなぜ再発するのか

根管治療の再発
一度、治療した歯が痛む。噛んだ時に違和感があるということはありませんか?

虫歯が、歯の内部まで進行し、細菌感染を起こし神経を除去する治療を根管治療といいます。
根管治療は、歯の内部に侵入した細菌を取り除き、消毒を行った上で、防腐剤を詰めます。その後、土台を立てて、被せ物をして元の形態に近づけます。 一度は、痛みが治まっていたのに、5、6年経つと違和感や痛みがあり、調べると根に膿が溜まっている・・・なぜでしょうか?

それは、再度歯の内部で細菌が繁殖していることが原因です。

一つ目は、毎日の歯磨きが不十分で、被せ物と歯の間に汚れが溜まり虫歯になり、どんどん内部に進行し、根の先で繁殖している可能性があります。 被せ物にすると、自分の歯との境目は少なからずできてしまうので、ブラッシングやフロスは欠かせません。また、歯科医院での定期的なメインテナンスを受けることで、不十分な清掃状況を知ることができます。

二つ目は、最初の根管治療の際に、唾液が歯の内部に入り込んだり、被せ物がぴったりきていなく汚れがたまってしまうケースがあります。
保険治療では、治療内で使用できる薬剤や器具に限りがあるため、内部の清掃を完全に行うことが難しいこともあります。また、保険治療の型取りの材料だと、歯の概形があやふやに再現されてしまうこともあります。

エラーの少ない治療を選択することで、再発のリスクを軽減することができます。自分の口腔内の状況や歯の形態等を考慮して、歯科医としっかり相談の上治療計画を立てましょう。