オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科
オーラルクリニーク自由が丘 歯科&矯正歯科

その他

抜歯をせずに歯を残す方法

歯の量が足りない状態
虫歯が進行し、歯を削る分量が多くなった場合、抜歯になることがあります。

かぶせ物(クラウン)の治療は、ご自身の歯に土台を取り付け、その土台を覆うようにかぶせ物を行い、ご自身の歯を維持する治療です。
しかしながら虫歯の進行によって歯を削る量が増え、残せる歯の分量が少ないと、かぶせ物を維持することができず外れてしまうようになります。
こうなるとかぶせ物を行うことができない状態になり、抜歯せざるを得なくなります。
下記の写真は残せる歯の分量が非常に少ない状態です。
歯茎からほとんど歯が見えない場合は残った歯を抜歯する場合がほとんどです。

歯の量が足りない状態

しかしながら上記のように難しい状態でも適切な処置を行えば抜歯をせず、歯を長持ちさせられる可能性があります。
当院では下記2通りの方法で、歯茎から出ている歯の量を増やし、かぶせ物を維持することができるようにしていきます。

クラウンレングスニング
 歯茎とその下の骨を削って、埋まっている自分の歯を露出させる治療

エクストルージョン
 器具を引っかけて、歯を引っ張り出し自分の歯を露出させる治療

今回は、治療する歯が前歯だったため、エクストルージョンを選択し、治療を行いました。
前歯の治療でクラウンレングスニングを選択すると、歯茎と骨が下がり、歯の長さが左右非対称になる可能性があります。
ただし、エクストルージョンは器具を装着してしばらく生活していただくため、歯が磨きずらくなるというデメリットもあります。
今回はそれぞれの治療のメリット・デメリットをお伝えしたうえで、エクストルージョンでの治療となりました。

歯の量が足りない状態歯を出した状態
約3ヶ月かけて歯を引き出した状態です。

土台を取り付けた状態セラミッククラウン装着
引き出した歯に土台(コア)を取り付け、かぶせ物を行い完成です。
治療期間
4ヵ月
来院回数
3回
治療内容・費用
エクストルージョン:77,000円
白い土台:11,000円
オールジルコニアクラウン:77,000円
メリット
自身の歯を温存できる
デメリット
治療中器具を装着するため、違和感がある
保険適用外なので保険診療に比べて費用が高くなる

上記の治療は保険適応外になります。
料金は2021年11月現在の税別価格です。